仮想通貨なクソネミ日記 ( ˘ω˘)

クソネミが色々考えたりするブログ

【Part2:コミュ障じゃないやい~リーマンのお作法~】

おはモーニング (・`ω・)

 

なんなんですかね、この寒さ。まぢありえんてぃなんですけど。やばたにえん。12月中旬の寒さとかいう噂を耳にしましたが、ボクは信じません。信じたら負けです。負けなのです。今日のありがたいクソネミ神のお言葉はこちら。

そういうことです。

 

今日もリーマンのお作法を学ぶでやんす。一歩間違えればそこは闇。コミュ障と呼ばれ、仕事がなくなり、さようならシューカツの時に夢見た幻想...あとは転がりおちるだけ、うわぁぁぁ....なんてことにはなりませんが、御作法って大事だと思いますよ、ボクは。うん。知らんけど。

 

必殺!!ウソをつく!!

学校に行っている時、カンニングしてるやついませんでしたか、近くに。先生にウソをついているやつ、いませんでしたか。あっ、いませんでしたか。そうですか。僕は塾講師とか大学院でティーチングアシスタントやってる時に見かけましたよ。あれ、モロバレなんですよね。高校生がコンビニで「イヤ、俺ハタチ超えてるんで。うぇーい!!最&高!!」と言ってるのと同じくらい分かりやすい。中学生が「ズットモだょ...」とか言ってるのと同じくらい分かりやすい。

 

ウソがばれる原理はおいといて、なぜ仕事上でウソついたらダメなんでしょうか。だってバレなきゃよくなくなくなくない?オリンパ〇だって、東〇だって、神戸製〇だって、皆ウソついてたじゃん!!と思われるかもしれませんが。まぁあそこまでいくと救いようがありませんが、ワシが言っているのは、もっと規模小さくて初期の段階。ウソの大小にかかわらず、特に何か問題が発生した時・失敗した時、ウソをつく時のストレスってこんな感じになりやんす↓↓

f:id:tennokamisamanoiuto-ri:20171017050924p:plain

単純に、(少なくとも仕事の場合)ストレスの総量が増えるのです。こうすることで、余計疲れる、心配事が増える、余裕が無くなる...etcで、良い事ありません。「ウソなんてつかないよ!!」と思っているそこのあーた、仕事場ではだれしもが「ちょっとだけ迷う」のです。ちらっとよぎる。ウソをつくインセンティブがある。考える時間が出来てしまいます。だって、誰も知らないんですから。浮気や不倫は世間の大好物(ボクは昼寝と焼きたてのパンが大好物)ですが、会社でのウソは、積み重なると、「やっちゃえ、NISSA〇」コースにつながります。そっち方面でやっちゃうの?!みたいな。

 

ウソをつかないなんて、当たり前?

と思っている人は、とっても綺麗な心をお持ちですね。お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、隣のおばさん、お家のワンコ、いずれかに感謝しましょう。いやね、どこの会社にもいるんですよ、ウソついちゃう人。沢山目にしてきましたよ。学歴とか関係なく。社会人になったら、「1人で抱えたらいけない」のです。危ないから。会社として戦略的にだますのは、時には必要かもしれませんが、1人で抱えちゃダメ、絶対。報連相しませう。報連相がしにくい上司だったら、大体そいつはクソです。ただのコミュニケーションコストが高い人です。

www.ryosan-ri-man.com

 

「業務上のウソはつかない」。これは、当たり前のことだからこそ、社会人になったら改めて認識するべきことであり、教えられるべきことにゃのですよ。ボクとの約束だ。シューカツでもウソをつく人は沢山いると思うけど(その賛否はさておき)、会社に入ったらウソをついちゃダメだよ。ボクとの約束だ。じゃないと、「やっちゃえ、NISSA〇」コース、まっしぐらだよ。ウソのコストは高いのです。ちゃんちゃん。風邪をひかないように、暖かい服装で出かけましょう。

 

ということでグッバイなら~(´・ω・`)