仮想通貨なクソネミ日記 ( ˘ω˘)

クソネミが色々考えたりするブログ

【Part 1 :ブラック部活?上等でい (・‘ω・)てやんでい!!】

こんばんちは(´・ω・‘)

 

ポメラニアンって、なんであんなに足が短いんでしょうか。

 

どうしてそうなっちゃったの~!?と思いながら、見るだけでほっこりしてます。

 

今日から、"ブラック部活*"の波にのって、外部指導員から見た部活の世界について、つらつらと綴っていきたいなと。

あとは自分の経験のおまとめ。

 

※ブラック部活についての考察は、「ブラック部活ってなんじゃらほい」でまとめてました。

 

ハイパーリンクでくっつけたいのですが、やり方しらないので、そんなことしません。

 

だってブログですから (・‘ω・)

 

実は私、量産型サラリーマンをしながら、過去5年間、外部指導員としてバスケットを部活で教えてきました。

 

小学校、中学校、高校、大学、社会人と、対象に一貫性なく教えてきました。

 

で、今日辞めてきました。

リーマン、部活辞めるってよ、みたいな。

 

正確には今月いっぱいで辞めることにしました。さようなら先生・生徒達( ˘ω˘)

 

バスケット自体は18年間、コーチとしては5年程活動してきました。

 

教えてきた人は、合計で100人ぐらい。

中々、きりのよい数字ですな。

 

あたくしの中では、バスケットは、それはそれは大きな存在でした。

 

が、結構あっさり辞めることになりました。

 

自分が続けてきた事のおまとめとして、

ブログという形で残すのも面白いかな、

と思いまして。

 

あたくし、20年ほど日記をつけているのですが、ブログも日記ですしね。オホホ。

 

あと、”ブラック部活”が話題になるにつれ、"外部指導員"という言葉も、世間に大分浸透してきたので、

 

「外部指導員てこんなことしてるよ~」

 

というささやかな発信にもなるかな、なんて。

 

内容としては、順不同でこんなこと書きたいな。

 

・コーチになるまで

・楽しかったこと

・楽しくなかったこと

・学んだ事

・びっくりしたこと

・外部指導員をおすすめしない理由

・かんそーぶん

 

特に、コーチをしながら学んだことは、

(意外にも)実生活にもめちゃくちゃ役に立っているので、しっかりとおまとめをしたい。

 

交通費だけもらいながら、土曜・日曜・祝日が無い、趣味の様な、趣味ではない世界。

 

生温かく、遠くから、ひっそりと覗いて頂けますと、これ幸い。

 

ちなみにタイトルは、初めてコーチに誘われた時の、僕の心の声です。

 

大学のヘッドコーチ(えらいおじさん)から、

 

「部活教えるのって、ブラック企業みたいなもんだけど、やってみない?」

 

と誘って頂いたのが全ての始まりでした。

 

ヤングだったミーは心のインサイドでシャウトしたのです。

 

「ブラック x 部活...。上等でい (・‘ω・)てやんでい!!」と。

 

実際には、

 

「お声掛け頂き、ありがとうございます。若輩者ではございますが、是非お宜しくお願い致します。」

 

と、借りてきたネコのようにおとなしく受け答えしました。

にゃーにゃー。

 

自分の経験を振り返って考えるって、結構たのすぃーですね。

 

と、いうことで、グッバイなら~(´・ω・‘)